誰でも可能性がある

丸いサプリメント

痛風とは、プリン体の老廃物である尿酸が高値になることで、結晶化した尿酸が痛みを引き起こすものです。尿酸の結晶はガラス状になっており、それが患部に刺さることで激痛を伴います。 昔は高齢者や中年層に多く発症していましたが、徐々に若年化傾向にあり最近は30代から40代が発症のピークとされています。 この年代では働き盛りということで、ストレスによる暴飲暴食などが原因で発症するということが多く考えられています。 また、遺伝的な体質も考えられます。食生活も多様となり、その中で暴飲暴食を繰り返す環境にあると、どの年代でも発症する可能性は大きいと言えます。近親者に痛風患者の方や尿酸値が高い方がいたら、早いうちから予防を心がけましょう。

ではどうすれば痛風を予防・症状を緩和できるのでしょうか。 痛風を緩和するには、尿酸値を上げる原因となるプリン体の摂取を抑えることが大切です。尿酸値を下げる効果のあるものを摂取することと併せて、日々の生活の中でも注意すれば尿酸値のコントロールは可能です。 まずはアルコールの過剰摂取を避ける必要があります。ビールはプリン体が高いとされる代表的なものですが、種類を選ばずアルコールは肝臓で尿酸合成を盛んに行います。適量を守るようにしましょう。 また、果物に含まれる果糖が尿酸合成を促進するので過剰摂取は避けた方が良いでしょう。 その他にも水分を積極的に摂取することや、肥満の予防などが効果的とされています。 このような習慣が身についている方や、痛風ではなくても尿酸値が高いとされている方は、一度生活習慣を見直し実施してみると良いでしょう。症状の緩和に非常に役立ち、痛風予防にもつながります。